AGA治療に健康保険は適用されないのか

テレビコマーシャルやインターネットで良く見かけるAGA治療に興味があるという人は多いのではないでしょうか。費用がゆるすのであれば利用してみたいという人も多いでしょう。AGA治療には健康保険は適用されるのでしょうか。
実はAGA治療には健康保険が適用となりません。自由診療になるため費用は全額自己負担となり、治療費は病院が独自に決めることが出来ることになります。では、なぜAGA治療には健康保険が適用にならないのでしょうか。
AGAの治療方法には4つの方法があります。一つ目は飲み薬による方法、二つ目は頭皮に育毛剤を塗布する方法、三つ目は毛根がない部分に人工的に毛根を移植する植毛治療、最後は毛根がない部位に薬剤を注入するは発毛治療です。これらの治療はいずれも厚生労働省が定めた保険対応治療にはなっていません。AGAは基本的に命にかかわるものではなく、日常生活を送るのに困るものではありません。その人の容姿にかかわることのため、美容整形などと同じような扱いになってしまうのです。そのため、健康保険は適用外となり、自由診療になってしまうのです。
AGAの治療は医療費控除の対象にも基本的にはなりませんが、AGAがその人の精神に大きな影響を与えストレスから体に病気などの症状が出た場合などにおいて、税務署及び税務署職員がそれを認めた場合には医療費控除を行なうことが可能です。医療費控除というのは年間の医療費が10万円を超えた場合に、一部の税金が還付される制度です。結果的には医療費を安く抑えることが出来ます。確定申告の際には相談してみるといいかもしれません。
どうしても安く費用を抑えたい場合には通販を利用する方法もあります。しかし、偽者も多く自己責任であることを忘れてはいけません。

ページトップへ