女性の薄毛の原因について

女性の薄毛の原因は、睡眠不足や過度のダイエットによる栄養不足、不適切なヘアケア、ストレス、喫煙などがあります。若い女性の薄毛の原因のひとつは過度のダイエットによる栄養不足です。美しく健康な髪を維持するためには、女性ホルモンのバランスが整っている必要があります。女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛を成長させるための働きがあります。しかし、栄養バランスが乱れることで、ホルモンバランスも乱れるため、薄毛や抜け毛を引き起こすことになります。適度な運動と栄養を考えた食事によるダイエットであれば、問題はないですが、食事量を減らすだけのようなダイエットでは、栄養バランスやホルモンバランスが乱れることになり、自律神経の乱れやストレスを溜めることにつながります。自律神経が乱れることで、血流も悪くなるため、頭皮と髪に栄養が十分に行き渡らなくなり悪循環になります。対策としては、規則正しい生活とバランスの良い食生活です。ダイエットをする際も、栄養バランスを考えた食事を摂るようにします。
また、ファッションによる髪へのダメージが原因で薄毛になることがあります。ヘアカラーやパーマは、髪にとってストレスとなり、毛根や頭皮を傷つける可能性が高いです。少しでも頭皮と髪へのダメージを減らすためにも2ヶ月以上の間隔をあけるように心がけます。スタイリング剤も頭皮に刺激を与えるため、使用した際には、しっかりと落とし毛穴のつまりを防ぐようにします。
シャンプー後にドライヤーを使う場合には、同じところに温風を当て続けると髪の表面のキューティクルを壊してしまい、タンパク質が失われてしまいます。そのため、15cm程度離して、2秒以上同じ場所にあてないようにします。

ページトップへ