AGAは男性型脱毛症です

AGAは男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症で、薄毛に悩む男性の中でも20代から30代にかけての若い男性に多く見られる脱毛症です。

AGAの薄毛のパターンと言うのはM字とO字と言う二つのパターンが在り、M字と言うのは生え際部分から徐々に薄くなり後退していくのが特徴で、額部分がM字の形になる事からも、M字ハゲなどと言われています。

O字と言うのは頭の頭頂部が丸い形に薄くなるのが特徴で、O字のような形になる事からもO字ハゲと呼ばれているのです。
尚、M字ハゲとO字ハゲは個人差が有り、二つのパターンで薄くなる人と何れか片方のみの人がいるのが特徴です。

尚、AGA治療を手掛ける専門クリニックでは、現在の薄毛の進行状態を確認する目的で、ハミルトン・ノースウッド分類と呼ばれる方法で薄毛の進行状態を確認し、7つの分類レベル、9段階の症状に分類し、現在の進行状態がどのレベルになるのかを見出し、治療法などを検討してAGA治療を進めて行くのが特徴です。

また、血液検査を行って医薬品に対する副作用を調べた上でプロペシアやミノキシジルと言った医薬品を利用してAGA治療を進めて行くことになります。

プロペシアは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれる成分が含まれる医薬品で、AGAの原因を作り出す5α-還元酵素を阻害する事で発毛を促す効果を持ちます。

AGAは遺伝性の薄毛であり、遺伝子の影響により男性ホルモンのテストステロンと、この5α-還元酵素が結びつくと、別の男性ホルモンでもあるDHTに変換されてしまい、通常3年から5年と言われている成長期のサイクルをDHTが作用する事で3か月程度の期間に短縮してしまい、成長し始めた毛は途中で抜け落ちてしまい、薄毛の症状を引き起こすと言うメカニズムを持ちます。

DHTの作用を停止させることでヘアサイクルは正常の状態に戻り、発毛を期待する事が出来るのですが、DHTに変換されるのを抑制する目的でプロペシアが処方され治療を進めて行くことになるのです。

尚、AGAと言うのは男性のみに発症する薄毛であり、そのままにしておくと全ての毛髪は抜けてしまう進行型の薄毛であると言います。
そのため、早めのAGA治療を行う事が大切であり、症状が悪化した場合など、毛母細胞組織が死滅しているとAGA治療を行っても発毛を期待する事は難しいとされており、薄毛の症状が起きた時などはAGAの専門クリニックでのAGAの検査や治療を受ける事が大切だと言われているのです。

↓AGA治療のHARGのことならコチラ
HARGは薄毛に効果的

ページトップへ